タクローの初転職応援ブログ

29歳で転職した営業マンが初めての転職を考えている人へ寄り添うブログです

初めてなら「とりあえず」の転職活動もあり

 お元気ですか?タクローです。

今日は「まだ転職するか踏ん切りがつかない…」「転職するかわからないけどとりあえず面接受けてみたいけどいいのかな?」みたいな感じの「とりあえず」の転職活動はどうなの?ってテーマで記事を書いてみます。

 

結論から言うと、僕の体験的にも「とりあえず」の転職活動はあり、というかむしろおすすめしたいくらいということです。

 

「とりあえず」の転職活動をしてみる

僕はペンキの製造メーカーの営業職として約5年勤め、昨年初めて転職をしました。しかし初めての転職活動自体は2年目にしたことがありました。

結果的にその時は面接をいくつか受けて内定ももらいましたが、現職に残るという選択をしました。

 

その時思ったことが「とりあえず」転職活動してみるというのはプラスなことばかりだなということでした。

 

「もうこの仕事嫌!」からとりあえずしてみた体験談

僕の2年目は営業の仕事に慣れてきつつも、同時に会社からも仕事量や担当顧客のレベルも引き上げられ、当然比例してノルマも増えていく状況でした。

 

特に僕は2年目に、当時の営業所所長に出世した上司の案件を大量に引き継ぐ、というミッションを与えられました。今思えばそれは光栄なことで結果的に成長のいい機会でもありましたが、当時は「なんでこんな大変なことさせるんだ」「全然給料に見合ってないぞ…」と不満だらけでした。

 

中でもきつかったのが、その上司は今までは納期の無理な短縮や、あり得ない値下げを社内の工場や購買部に認めさせていたのに、いざ自分が偉くなって担当を外れると僕にはそれを認めませんでした(笑)。

 

「前の担当者はすごい短納期対応してくれたのに!」「なんでお前の見積もりはこんな高いんだ!ああん!?」みたいな電話を毎日のように顧客からいただき、挙句の果てにちょっとでもノルマに到達しない月があると部長や上司から詰められる…もうやってられるか!ってあるとき憤慨しました(笑)。

 

営業もうやめたいな…とりあえず他の仕事探してみる?くらいに思って、転職サイトと転職エージェントに登録してみました。

 

求人を見てたくさんの気づき

転職サイト等で求人を暇なときに検索してみると、世の中には本当にたくさんの企業や職種があるんだなあということがぼんやりと実感できました。

 

弊社も大概だ!と思っていたけど、もっと労働条件悪い会社もたくさんあるな…とか、給料が高いけど仕事量も考えられないくらい多いな…とか未経験と経験の違いとか、勤務地限定という応募の仕方もあるんだ…などなど自分が常識レベルすら知らなかったと思うくらいたくさんの求人があることに気づきました。

 

その中から実際に多少興味を持った会社に応募してみたり、エージェントに案件相談などをしていくうちに、特に下記のようなことに気づいたというか振り返るきっかけになりました。

 

①自分の仕事内容と身につけたもの

→いわゆる「自己PR」とか「職務経歴」になる部分ですが、「何の専門性もない仕事」と思っていた自分の仕事でも、それを求めている企業や業界、生かせそうな職種があるということが見えてきます。

 

②結局自分の「優先順位」って何なのか?

「営業が嫌だ」→なんで?→「ノルマが嫌だ」→なんで?→「会議で上司に詰められないためにお客さんに『押し込み』をしなくてはいけないのが嫌だという風に「なんで辞めたいのか?」が実際に転職活動をしていくうちに何となくわかってきます。

 

③②と同時に「今の会社のいいところ」も見えてくる

でも待てよ、うちの会社意外とボーナスは同年代に比べていい方だな、有給消化率は高いな、業界的に長期にわたって安定してつぶれる心配は少ないな…など、自社のいいところも=残った場合のメリットもおぼろげにわかってきたりします。

 

結局自分の「優先順位」を気付くだけでも価値あり

僕はこのとき最終的に「現職に残る」という選択をしました。

 

内定をいただいた企業や受ける予定の企業の求人等々と比べて、

①自社に残る方が昇給スピードが速そうだ

②なんだかんだで休日はしっかりもらえている

③職場の人間関係に恵まれている→1からまた作るの面倒

 

といった理由から「ここで頑張ってみる」という選択を最終的にしました。

 

このことの意外な副産物として「現職のやる気が戻った」感じがしました。自社のいいころと悪いところ、自分の仕事の専門性や弱点色々なものが客観的に見れてクリアになった気持でした。

 

是非お勧めしたい「とりあえず」転職活動

この経験から、会社には大っぴらに言えませんが「もうやめたい」ともらす後輩や若手がいたら(自社内問わず友人でも)「とりあえず転職サイトに登録して応募してみなよ」って提案しています。

 

これがいい気分転換になるみたいで、結果としてかえってやる気を取り戻している後輩も見たりしました。

 

もちろん、そこで本当に素晴らしい求人に出会い「これだ!」と思う内定が得られたら転職するのも全然問題ないですよね。

 

「とりあえず」の転職活動は転職してもしなくても色々な「気づき」が得られてフレッシュな気持ちになれるのでおすすめです。

 

もし転職どうしよう…と一歩踏み出すかどうか踏ん切りつかないで悩んでる方がいらっしゃれば、ぜひ騙されたと思って「とりあえず」の転職活動してみてください!